山本草太、SP首位発進 冬季ユース五輪

 冬季ユース五輪第2日が13日、リレハンメルで行われ、フィギュアスケート男子のショートプログラム(SP)は昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで3位に入った山本草太(愛知みずほ大瑞穂高)が73・07点でトップに立った。島田高志郎(岡山・就実中)は63・18点の6位だった。フリーは15日に行われる。

山本、トリプルアクセル成功に「まとめられた」

 冬季ユース五輪第2日が13日、リレハンメルで行われ、フィギュアスケート男子の山本は出だしのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をきれいに決め「細かいミスはあったが、修正してまとめられた」と笑った。

 最終滑走で出番を待つ間、ライバルたちの高得点で気合が高まっていったという。中盤に踏み切り違反による減点もあったが、流れるような演技でトップに立った。優勝の期待が高まった日本選手団の主将は「ショート(プログラム)1位の時は波に乗れる。最後まで気を引き締めてやりたい」と慢心を感じさせなかった。

(サンスポ)

男子ショートプログラム結果

PL Name Nation Points
1 Sota YAMAMOTO JPN 73.07
2 Roman SADOVSKY CAN 72.61
3 Deniss VASILJEVS LAT 70.16
4 Jun Hwan CHA KOR 68.76
5 Dmitri ALIEV RUS 67.24
6 Koshiro SHIMADA JPN 63.18
7 Camden PULKINEN USA 57.91
8 Adam SIAO HIM FA FRA 49.19
9 Tangxu LI CHN 49.19
10 Adrien BANNISTER ITA 46.68
11 Kai Xiang CHEW MAS 46.53
12 Mark GORODNITSKY ISR 44.48
13 Yunda LU CHN 44.20
14 Ivan SHMURATKO UKR 42.39
15 Lauri LANKILA FIN 30.65
16 Mauro CALCAGNO ARG 23.92

Judges Scores

男子ショートプログラム

関連記事

コメントをお待ちしております

*

アーカイブ(Archive)