宮原知子、高校の卒業式に出席 関大進学へ

 全日本選手権2連覇中のフィギュアスケート宮原知子(17)が13日、大阪・高槻市内で在学する関大高の卒業式に出席した。

 式中には全日本選手権連覇や、世界選手権日本代表の功績をたたえた特別表彰を受けた。終始落ち着いた表情だったが、卒業式の後に行われた最後のホームルームでは、クラスメートへのあいさつで涙があふれたという。「1人ずつ話す機会があって、『スケートばかりしていたので、クラスのことを何も出来なくて…』と言おうとしたら、泣いてしまいました。何を言っているか伝わっていなかったと思います」と笑って振り返った。

 宮原が競技の練習と並行して学業に取り組む姿勢は、教育後援会会長の祝辞の中でも取り上げられた。得意科目の英語は模試での点数が150人弱の同級生の中で、最高6位になるほどだ。3年間を振り返り「勉強も大変なときがあったけれど、諦めずに頑張って来られた。頑張り続ける姿勢が成長できたところだと思います」と語った。校内の好きな場所は図書室。「中学の時に結構行ったし、授業でも使うことがあった。落ち着く雰囲気が好きでした」と女子高生らしい一面をのぞかせた。今春からは関大文学部に進学する。

 今月18日には台湾・台北で4大陸選手権が始まる。昨年準優勝だっただけに「これまでは準優勝が多いので、優勝を目指して頑張りたいと思います」と決意表明した。

(日刊スポーツ)

フィギュア宮原に信成さんから“金言”

201602141301 フィギュアスケート女子で、全日本選手権2連覇中の宮原知子(17)が13日、大阪府高槻市で行われた関大高の卒業式に出席した。18年平昌五輪での金メダル獲得へ、授業の一環で取り組んだ論文制作では、10年バンクーバー五輪に出場した織田信成さんにインタビューしたことを明らかにした。英語を学ぶために、4月からは関大文学部に進学する。

 卒業証書を手にした宮原が見据えるのは平昌五輪だ。級友と写真を撮り、最後のホームルームでは「試合ばかりでクラスのことをできなくてごめんね」と涙した。3年間の思いを胸に「五輪で優勝できるように頑張りたい」と、金メダルを宣言した。

 練習に対する真面目さは、勉学にも共通している。論文のテーマは「五輪に魔物はいるのか」。織田さんにインタビューし、06年トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんにもメールで質問するなどして1万2000字を書き上げた。「全員が他の試合とは違う雰囲気があったと言っていた。どんなところなんだろう?」。夢舞台へ思いを膨らませた。

 秘策も用意する。将来的には「トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳びたい」と明かした。練習でも成功していない大技だが「跳べる選手が増えたら必要になる」と、果敢に挑戦する腹づもりだ。

 「平昌に絶対に出るために、一つ一つの試合を大事にしたい」。まずは2年連続準優勝だった四大陸選手権(18日開幕、台北)で「優勝を目指す」と宮原。新たな一歩を踏み出す。

(デイリースポーツ)

関連記事

コメントをお待ちしております

*

応援ツイートは #uragaku

アーカイブ(Archive)