女子は樋口新葉が2連覇 全中フィギュア

 全国中学校スケート最終日は2日、長野市ビッグハットなどで行われ、フィギュア女子でショートプログラム1位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園)はフリー3位だったが、合計184・35点で2連覇を達成した。

 0・51点差の2位に白岩優奈(京都・大枝)が入り、フリー1位の本田真凜(大阪・関大中)が3位。男子は山隈太一朗(兵庫・芦屋国際)が合計190・76点で優勝し、島田高志郎(岡山・就実)が2位だった。

樋口、2連覇も笑顔なし「あまりしないミスをしてしまった」

 2連覇を果たした樋口に、笑顔はなかった。3位だったこの日のフリーでは、ダブルアクセル(2回転半)でエッジが氷の溝にはまる不運もあったという。後半のジャンプに精彩を欠き「フリーは悔しかった。あまりしないミスをしてしまった」と声を落とした。

 昨年12月の全日本選手権で2位に入って注目が集まる中、緊張感からか体の動きも硬かった。3月には世界ジュニア選手権を控えており「全部のジャンプとスピンの精度を高めないと。集中して練習に取り組みたい」と誓った。

2位の白岩「最後まで自分の演技ができた」

 2位に入った白岩は「とても良かった。大きな舞台で緊張したが、最後まで自分の演技ができた」と喜んだ。

 12日に開幕する第2回冬季ユース五輪(リレハンメル)代表に選ばれており「さらに進化した自分を見せたい。ジャンプもスピンも良かったが、まだ足りないところがあるので伸ばしたい」と活躍を期した。

本田、フリーでトップの結果に「去年より成長したと思う」

 本田は演技を終えると両手でガッツポーズを見せて充実感に浸った。123・17点をたたきだし、トップだったフリーの出来に「ノーミスでやろうと思ったので、(できて)良かった。去年より成長したと思う」と声を弾ませた。

 3月には世界ジュニア選手権を控え、この日優勝の樋口、2位の白岩とともに代表3人で表彰台を独占した。「(代表以外の選手に)負けてられないと思っていた。安心して(大会を)迎えられる。表彰台も目指せるので頑張りたい」と力を込めた。

得点

選手名 所属 SP FS Total
1 樋口 新葉 開智日本橋 1 3 184.35
2 白岩 優奈 大枝 2 2 183.84
3 本田 真凜 関大中等部 4 1 180.80
4 山下 真瑚 御幸山 3 6 160.32
5 横井 ゆは菜 南天白 11 4 155.67
6 松原 星 武蔵野 5 8 154.13
7 渡辺 倫果 文華女子 7 7 152.90
8 鈴木 沙弥 東港 14 5 152.14
9 角 季花 城山 9 9 146.65
10 滝野 莉子 島本第二 13 10 141.30
11 小澤 みいな 櫛形 12 11 138.48
12 妹尾 日菜子 倉敷南 8 13 136.12
13 藤 由妃乃 友泉 17 12 130.84
14 青木 祐奈 富岡 6 16 129.69
15 佐藤 伊吹 原宿外苑 10 15 129.49
16 大橋 璃子 本山 15 14 129.04
17 浦松 千聖 富木島 18 17 120.96
18 松岡 さら沙 神丘 16 18 119.64

Judges Scores

女子ショートプログラムA
女子ショートプログラムB
女子フリープログラム

関連記事

コメントをお待ちしております

*

アーカイブ(Archive)